分子という極めて小さな空間における運動情報をミリ秒以下の速度で計測できる方法論の研究開発

佐々木研究室のご紹介

今、誰もやっていないこと。枠組みにとらわれない新しい学問を学ぶことで、きっと新しい発見が出来る。

全て分子は「運動」をしています。その「運動」を 1 分子レベルで高速高精度測定しているのは世の中で私達だけです。数 A 程度の微細な運動を計測するために、新しい計測法や概念を提案しています。それが今、X 線天文学や動物学などで使える動画解析法へと拡大しようとしています。 想像を遙かに超えた異分野融合にチャレンジしましょう!

佐々木裕次画像

世界トップレベルの研究施設

世界トップレベルの研究施設、実験設備を利用することで新しい発見につなげられます。

柏キャンパス
柏IIキャンパス
SPring8
KEK

柏キャンパス

東京大学柏キャンパス

柏キャンパスは、東京大学の21世紀における新たな学問の発展に向けた構想に基づいて建設された、本郷、駒場に次ぐ第3の主要キャンパスです。

柏IIキャンパス

キャッチフレーズ

ここに説明文が表示されます。ここに説明文が表示されます。ここに説明文が表示されます。
ここに説明文が表示されます。ここに説明文が表示されます。

SPring8

世界最高性能の放射光を生み出すことができる大型放射光施設

放射光を用いてナノテクノロジー、バイオテクノロジーや産業利用まで幅広い研究が行われています。SPring-8の名前はSuper Photon ring-8 GeV(80億電子ボルト)に由来しています。

KEK

加速器と呼ばれる装置を使って基礎科学を推進する研究所

自然界に働く法則や物質の基本構造を探求することにより、人類の知的資産の拡大に貢献します。 そのために素粒子・原子核に関して、また、生命体を含む物質の構造・機能に関して高エネルギー加速器を用いた実験的研究や、理論的研究を推進します。

研究内容

我々の研究室では主にX線を用いたタンパク質のX線1分子計測(DXT:Diffracted X-ray Tracking)を行っています。1分子マーカーとして金ナノ結晶をタンパク質にラベルし、白色X線で観測することにより、タンパク質1分子の動きをミリラジアンの空間精度、マイクロ秒の時間精度で計測することが可能になりました。この佐々木研究室オリジナルのX線1分子計測法を用いてタンパク質1分子の運動、構造と機能性について研究しています。サブナノ秒のポンプ・プローブ型時間分解X線回折法による金ナノ構造体の光物性ダイナミクスの研究なども行っています。

TOP