単一分子計測&回折X線の追跡

■更新情報

 

一覧はこちらから...

■研究室ブログ

  • IMG_0589[1]
    M2二人でタンパク質学会に突撃してきました! ボロクソ言われつつもアドバイスをたくさんもらって勉強になりました! ポスターケース振り回してたら紐切れてしまった。 [...続きはこちら]

  • IMG_0572[1]
    佐々木研メンバーの誕生日は、5~6月と1~3月に集中しています。 この日は5~6月に誕生日を迎える人をまとめて祝いました!(私も入ってますよ☆) M1にいちゃついてもらいました。 次は来年ですね~[...続きはこちら]

  • 紅茶とコーヒーチケット
    こんにちは。岡田です。就活めんどくさくなってきたので、新領域全体の新入生歓迎BBQに参加してきました。 マルバツゲームでいろいろもらいました。今年の運を使い切ってしまった。 紅茶セットは物性研松田研のかずやさんが譲ってくれました。 こういう場で交友関係を広げることが大事ですね。[...続きはこちら]

  • 今風の若者
    私もM2になってしまいました。どんどん歳をとっていきますね。 佐々木研らしからぬ雰囲気のM1が入ってきました。 私のコミュ障が復活しそうです。 仲良くなれますように。[...続きはこちら]

  • 宮部さんはメダルをもらってました
    おかだです。 先輩方は去っていきました。さみしくなりますね。また会えますように。[...続きはこちら]

  • IMG_1049[1]
    こんばんは。 先日、佐々木研送別会が開催されました。 家の遠いM2の先輩方ために、北千住にて開催。(にもかかわらず宮部さんは終電を逃しました) 先輩とゆっくり話すのもこれで最後かと思うと涙がとまりませんね。 原さん、宮部さん今までありがとうございました。 やっぱりウコン飲んどけばよかったなあ[...続きはこちら]

  • IMG_5278
    こんにちは、佐々木研です。2/27-3/2に行われたBiophysical Society 60th Annual Meeting@ロサンゼルスに参加してきました。世界各国の生物物理学を専門とする研究者、大学院生が参加する学会で、規模としては毎年7000人程度が参加します。こういう場に行くと、我々日本人の英語耐性のなさを痛感しますorz。2014年度のノーベル化学賞受賞者のProf. Moerne[...続きはこちら]

  • 目力の強い佐々木研一派
    岡田です。 初めての名工大。会場はきれいだし、食堂はメニューが豊富でした。 ようやくポスター発表デビュー! 突っ込まれたり突っ込まれなかったりまあ主に突っ込まれまくりな発表でした。いろいろ反省。 そしてポスターはたぶんコメダに忘れてきました。 さて、来週またポスター発表します。 3/18(金)第14回学融合ビジュアライゼーションシンポジウム 柏の葉キャンパス駅[...続きはこちら]

  • image
    物質が結晶化する瞬間をキャッチ ―世界初!予想外の激しいイオンの運動をX線高速ナノ計測― 発表のポイント ◆溶液から溶質が結晶化(析出)する直前の過飽和状態において、数十ナノメートル(注2)のイオン集合体が激しくブラウン運動していることを世界で初めて観察。 ◆全く謎だった過飽和状態に対して、ナノ微小領域を観察できる高速計測法を提案し、激しいイオンの運動と微弱な力場が存在していることも確[...続きはこちら]

  • DSC_0049
    9月13日(日)から15日(火)に金沢大学で開催された、日本生物物理学会に参加してきました! 金沢大学は周りに緑があふれ、とても広くきれいなキャンパスで居心地がよかったです。   生物物理学会ではタンパク質や細胞、遺伝子に関する研究発表がなされ、とても興味深いものでした。   また、滞在時間を使って金沢市内を観光してきました。 金沢駅周[...続きはこちら]

  • IMG_0994
    8月いっぱいでポーランドへ帰国してしまうマグダさんの送別会を行いました。 短い間でしたが、佐々木研での経験がいつかマグダさんの役に立つことを願っています! [...続きはこちら]

  • IMG_0938 (1)
    Magdaさんがポーランドの伝統料理を振る舞ってくれました。 ゲテモノを想像し、おそるおそる口にしてみると・・おいしい! 松下さん(一番右)が食べているのがピエロギというポーランドの餃子、原さん(右から2番目)が飲んでいるのがビーツの根のスープだそうです。ポーランドではクリスマスパーティーなどで振る舞われるとのこと。 佐々木研はすっかりポーランドの香りに包まれています・・[...続きはこちら]

  • IMG_0928
    7月から佐々木研に来ている留学生のMagdaさん歓迎会がありました! お店は串揚げの食べ放題です。私たちもMagdaさんも大いに飲み食いを楽しみました。 集合写真を撮り忘れてしまいましたので、佐々木先生の写真をアップします。 原さん作の芸術的なソフトクリームを片手に、先生も楽しそうですね。 私は少々食べ過ぎてしまったので翌日腹痛に苦しみましたが、Magdaさんと仲良くな[...続きはこちら]

  • 55-4_01
    共同研究者の関口博史さん(高輝度光科学研究センター副主幹研究員)のDXT研究に関する総説が生物物理学会誌に掲載され表紙も飾りました。 「放射光X線をプローブとする多量体タンパク質の機能的分子内運動・1分子解析」  関口博史,一柳光平,八木直人,佐々木裕次  学会誌を見る←クリック 画像をクリックすると拡大します [...続きはこちら]

  • R0015900_16_9_2_mod1
    最後の更新から半年近くたちました。その間も研究室の模様替えやM1の初SPring-8実験、学会参加、新しい秘書さん、IAESTAの交換留学生さんの加入など、今年の佐々木研も忙しく、そして楽しく研究を行っております。 模様替え。仕切りはあるけど、心の壁はありません。 SP-8初来所で、笑顔のM1たち。次回はきっと見られない... 全員集合。佐々木研も華[...続きはこちら]

  • IMG_0715
    二月の初めにアメリカの東海岸にあるボルチモアで開催された、米国生物物理学会に佐々木研メンバーで参加して来ました! 世界中から大勢の研究者が参加するだけあって大規模な学会でした。 メンバー全員、多くの研究者の方と有意義な議論を交わすことができました。 アメリカの学会会場ではおやつにポップコーンが配られるのが個人的には驚きでした。 空き時間にはボルチモア市内を観光しました。ボルチモアは港町で大[...続きはこちら]

  • 20150120sasaki
    「自己免疫疾患の新しい発現機構を発見!」 ~X 線を用いて抗原複合体 1 分子動態連続計測に成功~ 発表のポイント ◆主要組織適合性抗原(MHC)上に提示される病原体由来のタンパク質断片(抗原 ペプチド)の 1 分子内部動態を高速 X 線回折像からリアルタイム動画撮影に成功。 ◆抗原ペプチド 1 分子内部動態は MHC 本体の分子動態と独立であることを実証。 ◆自己免疫疾患[...続きはこちら]

  • blog141212
    12月4~6日に愛媛大学で開催された"8th International Symposium on Nanomedicine (ISNM2014)"にて発表をしてきました。   普段関係している生物物理とはバックグラウンドの違う人達の中で発表出来たことは非常に勉強になりました。 佐々木研はいろんな分野の学会・シンポジウムで話が出来るのがとても良いです。   そしてポスターセッションではT[...続きはこちら]

  • blog141125
    2014年11月21日から開催された新学術「3D活性サイト科学」の第1回記念シンポジウムにおいて、松下くんが学生賞(ポスター賞)を受賞しました。   おめでとうございます!   2015年4月26日〜30日 Bonn 近郊の Bad Honnef で開催される国際ワークショップでの発表とその旅費支援も副賞として受賞されました。益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます。   [...続きはこちら]

  • blog141103
    先日、大阪大学蛋白質研究所に共同研究の進捗状況報告とディスカッションでお伺いしました。   阪大蛋白研は戦後、急速に発展した蛋白質研究に対応するため、全国の研究者の蛋白質とその周辺分野に関わる共同利用施設として、1954年に発足しました。   日本における蛋白質研究の中核的な研究所として世界的にも有名で、日本版Protein Data Bank(PDB)であるPDBjを運営しているのも実は[...続きはこちら]

 

一覧はこちらから...

千葉県柏市柏の葉5-1-5
新領域基盤棟609(7A2号室)